BLOG

フランチャイズの飲食店開業のメリット

コンビニエンスストアやファストフード店・ラーメン店・居酒屋・書店・不動産販売業・清掃業者など、全国各地に同じブランド名の元、同じ商品・サービスをチェーン店形式で提供するフランチャイズ。

未経験でもオーナーとなれるチャンスが得られるため、独立開業を目指す方なら1度は検討したことがあるのではないでしょうか?

ここでは飲食店を例に、フランチャイズで開業する際のメリット・デメリットについて紹介していきます。

 

フランチャイズ経営とは


フランチャイズ経営とは、フランチャイザーと呼ばれる大元の事業者と、事業を立ち上げようとするフランチャイジー(事業者)との間で結ばれる契約により、フランチャイザーがフランチャイジーに対し、自己の商標(ブランド名・ロゴマークなど)・経営手法・商品・接客技法など、事業運営に必要な全てのノウハウを使う権利を与えます。その見返りとして事業者はフランチャイザーに対価(ロイヤリティー)を支払うという仕組みを指します。
最も分かりやすい例として、ファミリーレストランが挙げられます。ファミリーレストランの各店舗オーナーは、あらかじめフランチャイザーが準備した仕組み(仕入れ・接客・集客・スタッフの教育など)のもと店舗を開業、運営する代わりに、フランチャイザーに一定額のロイヤリティーを支払っています。

 

フランチャイズで飲食店を開業するメリット


フランチャイズで飲食店を新規開業しようとする場合、以下のようなメリットが得られます。

 

店名に知名度があるため集客が見込める

既に名の知れたチェーン店であれば、開店当初から集客が期待できます。飲食店を選ぶお客さんの心境としては、安全で美味しい飲食店を選ぶために店名を知っているかどうかを無意識のうちに判断しているでしょう。そのためチェーン店のネームバリューがあれば、開業してすぐにでも集客できる期待値があります。さらに好評なブランド力があれば集客に大きく影響し、その後も軌道に乗った営業ができるでしょう。

運営補助を受けられる

運営に欠かせない集客はもちろんのこと、商品の開発・仕入れ、スタッフの教育など、必要に応じてサポートを受けることができるため、はじめて開業する方でも安心です。 また仕入れに関しては、フランチャイザー側で一度に食材を発注しているため、仕入先を1から開拓する心配もありません。

経営ノウハウが学べる

経営初心者でも、経営に必要なノウハウをしっかりと学ぶことができます。例えば料理人としてスキルをつけて開業したいと思う人の中にも、開業の準備となると何から始めていいものか、何が効率の良い営業方法なのか理解するまでは時間がかかります。フランチャイズの飲食店を経験することで標準化された経営ノウハウを得ることができます。この面がメリットになるでしょう。ただし、独自の手法を採用していることから、契約解消後に同業の開業を禁止しているケースがほとんどです。身につけるノウハウと契約解消後のキャリアについても考えておく必要があるでしょう。

 

フランチャイズで飲食店を開業するデメリット


一方、フランチャイズ経営で飲食店を新規開業しようとする場合は、以下のようなデメリットも考えられます。

 

利益に関係なくロイヤリティーの支払いをしなければいけない

利益が少ない時も、契約通りロイヤリティーを支払はなければいけません。ロイヤリティーの支払い方式はフランチャイザーによって異なりますが、売り上げ歩合制、定額制などが一般的です。

独自の経営方針を打ち出すことはできない

フランチャイズ経営では、原則フランチャイザーが示すマニュアルに沿った運営を行わなければいけません。よって、独自の経営方針を打ち出し、勝手に店舗デザインやメニューを変更することができないことケースがほとんどです。こちらは契約形態やフランチャイザーごとに状況が違うため契約の際に確認をすると良いでしょう。

本部のブランド名に左右される

万が一、フランチャイザー側で著しい減収があったり、マイナスなニュースが流れると、ブランド全体のイメージが低下し、フランチャイズ加盟店全体の収益にも悪影響を及ぼす可能性もあります。 特に飲食となると、消費者から食の安全性に関して注意が向けられるので、契約後も店舗ごとに細心の注意を払うべきでしょう。

以上のようにフランチャイズ経営は、はじめて開業しようとする方にとってもさまざまなメリットが得られますが、デメリットも踏まえしっかりと経営の仕組みを理解しておく必要があります。まずは、開業の目的や将来のビジョンを明確にし、フランチャイズに加盟するかどうかを検討していきましょう。

↑ PAGE TOP