BLOG

フードコーディネーターになるにはどうすればいいのか

フードコーディネーターは、健康や栄養に関する知識だけではなく、調理やビジネスに関する知識なども必要となります。飲食店や一般企業での経験を活かしつつフードコーディネーターとして活躍することが多いようです。

では、具体的にフードコーディネーターになるにはどうすればいいのでしょう? ここで詳しく説明していきましょう。

 

フードコーディネーターに必要なスキルとは?


フードコーディネーターと名乗り仕事をするために特別な資格は必要としませんが、食に関係する経験や資格を持たないまま仕事に就くケースはほとんどありません。
レストランなどの飲食店をはじめ、食品メーカーや調理器具メーカー、テレビや雑誌関連の仕事など、幅広い分野で活躍するフードコーディネーターには、幅広い知識と技術が求められます。

食材の特徴を活かした調理、製菓のスキルはもちろんのこと、マーケティング、経営、デザイン、店舗設計など、多岐に渡るスキルが求められる場合も。

さまざまな人と意見を交わして仕事を進めていくため、どんな場面でも円滑にコミュニケーションを図れるスキルも重要視されるでしょう。

 

フードコーディネーターとしてのスキルを身に付けるには?


フードコーディネーターになるためのスキルを身に付けるには、以下のような方法があります。

◆ 独学で学ぶ

フードコーディネーターとして仕事に就くために必要な知識は、市販のテキストや映像教材を使って独学で学ぶことも可能です。ただし、飲食店や食品メーカーなど、食に関連する仕事の経験がないまま学習を進めるのは、あまり効率が良い方法とは言えません。そのため独学で学ぶ場合は、食に関する仕事に就きながら知識を得て、スキルを身に付けていくことをおすすめします。

◆ 学校で学ぶ

フードコーディネーターを養成するカリキュラムのある専門学校で学ぶ他、通学、通信制のスクールにある「フードコーディネーター養成講座」を受講し、スキルを身に付ける方法もあります。もちろん、独学で学ぶよりも学費の負担が大きくなってしまいますが、フードコーディネーターに求められる知識とスキルを短期間で習得できるメリットがあります。

 

フードコーディネーターのスキルを証明するには


フードコーディネーターに必要な知識とスキル証明するには、NPO法人日本フードコーディネーター協会が実施する「フードコーディネーター資格認定試験」に合格し、フードコーディネーターの資格を取得しておく方法があります。

フードコーディネーター資格認定試験は、入門レベルの3級とアシスタントレベルの2級、プロとして独立可能な1級レベルの3つに分かれていますので、基礎から応用まで段階的に学んで行きたい方に適しています。

フードコーディネーターとして、幅広く仕事をしていこうとするときには、調理技術や食材に関する知識など食に関する仕事の経験が役に立つようになります。そのため、仕事と並行し、最新のトレンドに触れながらフードコーディネーターとしての知識とスキルを身に付けていくのが最も効率の良い学び方と言えるでしょう。

↑ PAGE TOP