BLOG

飲食業界のスーパーバイザーの仕事内容とは

飲食業界の仕事は、自分自身でお店を経営したり料理をしたりすることだけではありません。飲食に関する店舗をチェーン展開している企業に入り、複数の店舗を担当しながらそれらのお店を成功に導く職種がスーパーバイザー(SV)と呼ばれるものです。その仕事内容とやりがいについて、ここでは解説していきます。

 

飲食業界におけるスーパーバイザーの仕事内容


スーパーバイザーはエリアマネージャーと呼ばれることもあります。
一定の地域内にある複数店舗を担当し、それらの店の店長やスタッフと協力しながらお店の売上を上げていくことがミッションです。具体的な仕事内容を以下に挙げていきます。

 

◆ 各店舗の売上の管理、売上向上のための施策提案

スーパーバイザーにとって重要な役割は、各店舗の売上を管理しつつ、客観的な視点からお店の売上向上のためにアドバイスをすることです。売上向上のためには各店舗に有益な情報を流したり、店舗を訪問してスタッフとミーティングの場を持ったりとさまざまな手段があります。

また、専門的な立場から、お店の運営方法、接客マナー、メニュー構成などについて助言を送ることもあります。

担当するエリアにおける商圏分析(人口や、年代・性別などの割合、交通量、生活スタイルの特徴など)や、商圏分析を元に、エリアごとに適したマーケティングを実施するのもスーパーバイザーの仕事です。

◆ 本部とのパイプ役

定期的に店舗を巡回するスーパーバイザーは、現場と本部をつなぐパイプ役も務めなければいけません。本部の方針を各店舗に理解してもらう一方で、現場スタッフの意見やアイデアを本部へとフィードバックさせることが求められます。

この機能がうまく働いていないと、本部と各店舗の間に齟齬が生まれ、店舗の運営がうまく回らなくなるケースがあります。スーパーバイザーは本部とも各店舗の店長とも緊密にコミュニケーションがとれる能力が必要です。

◆ スタッフの教育

スーパーバイザーには各店舗のスタッフを指導していく教育的役割を担うことも期待されています。店長を集めて経営のノウハウの研修を行ったりすることはもちろん、店舗スタッフに本部の方針や哲学を教え込むことも業務の範疇です。店長や店舗スタッフの成長をうながすことで、結果的に全体の売上は増加していくことでしょう。

◆ クレーム対応

担当エリアの店舗からSOSが出れば、どんなことであってもそれを解決するのがスーパーバイザーの仕事です。例えばお店の対応、提供した料理などについてクレームが入ることもあるでしょう。クレームへの対応は、一歩間違うとお店の存続を揺るがす大きな事態に発展する恐れがあります。スーパーバイザーはお店を運営しているスタッフに代わってクレームに対応する場合もあり、事態を収束させる役割も任されています。

 

スーパーバイザーのやりがい


常にフットワーク軽く、お店を巡回しているスーパーバイザー。彼らはどのようなやりがいを感じながら仕事に臨んでいるのでしょう?

◆ マネジメント能力が身に付く

通常、スーパーバイザーは店長職の次のステップとして就任するケースが多いようです。つまり店舗経営に必要な接客、売上管理、人事管理といった能力をさらに高いレベルで要求されるのがスーパーバイザーであるとも言えます。より高次元で、よりダイナミックなマネジメント能力が身に付くことは間違いないでしょう。

◆ 売上に貢献できる

スーパーバイザーはある意味、おせっかいが仕事です。スタッフ教育で悩んでいる店長がいれば相談に乗り、ライバル店の出現で売上が落ちた店舗があれば一緒に対策を考え、自分たちの強みをうまく発揮できない店舗があれば手取り足取り指導する……そんな自分の努力が数字(=売上アップ)というわかりやすい結果で見えるのがスーパーバイザーという仕事の面白さです。

自分の考えた施策でお店の売上が伸び、なおかつ店長から感謝の言葉をもらえるという喜びは、一度味わってしまえば他に変えられないものがあるはずです。

 

スーパーバイザーは各店舗の状況と本部の状況、両方を把握して戦略を考えていくという重要な職種です。高度なコミュニケーション能力、コンサルティング能力、トラブル解決能力、情報察知能力、軽快なフットワークなど多くの能力が要求されるだけに、やりがいも大きい仕事だと言えるでしょう。

↑ PAGE TOP