BLOG

飲食業界の職種にはどんなものがある?

一概に飲食業界といってもその中にはたくさんの職種があります。実際に料理を作る人はもちろん、料理をお客様に届ける人、お店の経営を考える人など、「食」という共通項はありますが、職種によって求められる資質や能力も変わってきます。食にまつわる職種にはどのようなものがあるか、代表的なものを紹介していきましょう。

 

 食にまつわる職種の数々


食にまつわる職種には、以下のようなものがあります。

◆ 料理人

食にまつわる仕事と聞いてまっさきに思い浮かぶのは、料理人ではないでしょうか。料理人は扱う料理やポジションによって、シェフ(料理長)と呼ばれたり、コック(料理人全て)と呼ばれたり、板前(日本料理の料理人)と呼ばれたりなどさまざまです。料理人はメニュー開発を担うこともあり、料理を作る技術に加え、発想力が求められることもあります。

◆ パティシエ

パティシエとは、フランス語でケーキ職人や菓子職人を指す言葉です。パティシエは洋菓子を作る職人に対して用いられ、和菓子職人とは区別されます。洋菓子をおいしく作るには、材料の計量や温度管理、時間管理など細かな気配りが要求され、なおかつ美しく飾り付ける美的感覚も不可欠です。

◆ 栄養士

栄養士は文字通り「栄養」に関するプロフェッショナルです。食べ物を通して人々が適切な栄養補給ができるよう指導する職業で、医療機関、学校、スポーツ関連施設、老人福祉施設、研究機関などさまざまな場所が活動のフィールドになります。

◆ 飲食店の店長

飲食店の店長は、お店の運営をマネジメントする責任者です。店を滞りなく営業させるために料理人やアルバイトといったスタッフのシフトを管理し、売上や家賃、光熱費、人件費といったお金の計算もしなければいけません。新たなメニューの開発やスタッフの採用・育成など、常に一歩先を読み、店舗全体を見る視野の広さも求められます。

◆ エリアマネージャー

担当のエリア内にある店舗を定期的に巡回し、お店の売上や雰囲気、スタッフの勤務態度などを確認します。その上でもっと良い店舗となるよう、扱うメニューの変更を促したり、スタッフの教育を行ったりします。また本部と店舗の情報を受け渡しすることも重要な仕事。本部の方針を現場に浸透させ、現場の声を本部に報告するという役割も果たすことになります。

◆ 商品開発、販売促進

飲食店や食品メーカーでの商品開発、販売促進の業務に携わる選択肢もあります。新商品を開発する部門や、販売を促進する部門、小売店への営業を行う部門、実際に商品を生産する工場を管理する部門など数多くの職種があり、それぞれの適性や希望に応じて必要なスキルが異なります。

◆ 料理の先生

料理好きが高じて料理教室を開くという方もいます。開業資金が少なくて済む自宅で開く方法や、機材の整ったキッチン付きのレンタルスペースで開く方法などがあります。
開業ではなくとも、大手料理教室のスタッフとして働く方法もあります。

 

 

食に関する仕事に就く人ってどんな人?


これまで挙げた職種を見てもわかるように、食に関する仕事と一言で言っても中身は多種多様です。そのため、自分はその中で何がやりたいのか、何が向いているのか見極めることが必要です。まず職種それぞれについての特徴を学び、自身の特性をいくつか挙げてみましょう。

食べることが好き、食に興味がある、接客が好きという要素のいずれかさえあれば、飲食業界へ進むきっかけとなるでしょう。

また、食は流行のサイクルが早いので、新しいものが好きで常に流行のアンテナを張っている人は向いているかもしれません。自分は好奇心が強い方だ、という人には飲食業界はオススメです。

食に関する仕事は数多くあります。自分の性格ややりたいことを考慮した上で、どんなふうに食とかかわっていきたいのか、具体的なイメージを描いていきましょう。

↑ PAGE TOP